忍者ブログ
好きなもののためならどこまでも!! な千雪が仕事のこと、趣味のこと、アイドルのことを中心にゆるーく書いてます☆
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面
    プロフィール
    HN:
    千雪
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    すっかり大人の割り切ったヲタ(笑)
    興味あることがたくさん!!
    只今仕事と時間とお金の使い方に日々悩み中!!(笑)

    でも仕事中心の日常ブログとなっております。

    最近、、、、馬場良馬くんが…好きで仕方ないです(>_<)

    Jでは、桐山照史・北山宏光・小山慶一郎が担当。
    超新星ではユナクとゴニル大好きー。
    そのほか、若手俳優やらV系バンド舞台俳優さんなどにも幅広く手をだしております(笑)
    塩川渉くん、健人くんを筆頭に真山明大くんと松本慎也くんがめちゃくちゃ熱いです!!


    あとあと。女の子では、
    松本まりかちゃん大好き人間です。





    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 OL日記ブログ 正社員OLへ
    にほんブログ村
    フリーエリア
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    [12/26 geRoesonngm]
    [10/31 千雪]
    [10/29 なみ]
    [07/08 千雪]
    [07/08 たえちん]
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    期待なんかしない。

    今、祖父がなくなり、お葬式で、地元に戻っています。
    私の家は昼メロ並に家庭環境複雑なので、
    今回亡くなった祖父も私とはすんごい遠縁だったりします。

    でも、この亡くなった祖父と、その対である祖母は私を唯一かわいがってくれた人間で。
    というか、私は、その祖母がいなかったら、生きることをしてなかったんではないかというくらい、
    この祖母に育てられたといっても過言ではないくらいなのですが。

    そこで、お葬式、お通夜が決まりました。
    母から亡くなったことの連絡があり、
    家族葬(?)身内だけでやるみたいだから、行こうといわれました。
    私はその時点で、母は私と二人で行くつもりなのかと思っていたら、
    義父も連れてきてて、え?と思いびっくりしてたんですけど。

    てか、その前に家族葬といってるのに、私たちがいっていいの?って思ってたし。
    で、泊まるところもないから、ホテル予約とった方がいいのでは?
    と母に言ったところ、「え?別に葬儀場とか、それか祖母の家に泊まればいいじゃん。」と言っていたんですね。
    でも、私は、「・・・・・・・・・。」って感じだったんだけど、


    いざ、当日いったら、当たり前ながら、私たちは家族扱いではないよね。
    そりゃそうだよね。

    祖母の実の娘さんに
    「うちは家族4人泊まっていっぱいだから。」
    と悪気無く言われ、たぶんすごいショックをうけてたっぽい。
    私はその姿を「あーあ。」と思ってました。
    母の友人も香典用意してくれてたみたいだけど、断ってて。
    たぶん、ちゃんと家族として扱われてたら、私の友人が・・・って自信満々に出してたんだろうなー。

    かわいそうとは思うけど、
    なぜ、そんな期待するんだろうと不思議で仕方ない。
    私はこの×年間生きてきて、私を好きな人なんていない。
    ってところから始まってるから、誰も自分のことを家族なんて思うはずがないって理解してるし。
    その場のやさしさは気にしてくれる人がいるだけでありがたいとしか思えないし。
    だからこそ、親切にしてくれた人には、自分ができることはなんでもしてあげたいなって思うわけだし。

    でも、それと必要とされてるか。
    愛されてるか。
    その家族という枠の中に入れてもらえるかって言うのは、別だと思うんだよね。

    でも母はお金持ちの末っ子として育ったから、
    いくら苦労したと言っても、私とは根元が違うんだろうな。

    でも、他人はやっぱり他人なんだよ。
    心配なんて形だけで、きっと本心でないと思う。


    でも、だからこそ、自分は、できることはしてあげたいんだよね。

    たとえ、それで自分が傷だらけになっても。
    それは少しでもすかれていたいという偽善なんだろうけど。

    少しだけでも私のことを好きっていう人が一人でもできるといいなー・・・。


    そんなわけで、圭くん、結婚・・・。
    ショックだけど、おめでとー。
    亡くなることもあれば、生まれる命もあるんだよね。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]