忍者ブログ
好きなもののためならどこまでも!! な千雪が仕事のこと、趣味のこと、アイドルのことを中心にゆるーく書いてます☆
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    プロフィール
    HN:
    千雪
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    すっかり大人の割り切ったヲタ(笑)
    興味あることがたくさん!!
    只今仕事と時間とお金の使い方に日々悩み中!!(笑)

    でも仕事中心の日常ブログとなっております。

    最近、、、、馬場良馬くんが…好きで仕方ないです(>_<)

    Jでは、桐山照史・北山宏光・小山慶一郎が担当。
    超新星ではユナクとゴニル大好きー。
    そのほか、若手俳優やらV系バンド舞台俳優さんなどにも幅広く手をだしております(笑)
    塩川渉くん、健人くんを筆頭に真山明大くんと松本慎也くんがめちゃくちゃ熱いです!!


    あとあと。女の子では、
    松本まりかちゃん大好き人間です。





    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 OL日記ブログ 正社員OLへ
    にほんブログ村
    フリーエリア
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    最新コメント
    [12/26 geRoesonngm]
    [10/31 千雪]
    [10/29 なみ]
    [07/08 千雪]
    [07/08 たえちん]
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渉くん七変化!!

    そんな訳で極上文學行って来ましたー。

    タイトルですが、まあ、七変化はしてないんだけどね。
    衣装替えが多くて、そしてツボの衣装が多くて。
    劇中、七変化みたいだなあーって思ってたら、
    一部のトークの最後で渉くんが自分で言ってたので、タイトルに使わせて頂きました。


    てかね、私お芝居は子供の頃からたくさん言ってるんだけど、
    朗読劇ってあまり行ったことないなあーって気づいた。

    今回で2回目?かな?
    しかも1回目は10年くらい前なんじゃないかなあー。

    だから朗読劇…っていうのに、実はイマイチピンと来てなかった(笑)
    しかも出演者とかグッズも全然チェックしてなくて、こんなにグッズがあるなんて知らなくてびっくりしたくらいです。会場ついて。
    病んでたとはいえ、もうちょっとチェックしなきゃだよねー。(反省)

    さて、感想ですが、
    2部でも唐橋さんが言っていましたが
    これ比べられるよね。みたいな。
    そうなのよ。
    比べるって訳じゃないんだけど、
    やっぱり自分の好みとかはあからさまに出ます。

    なので、偶然ここに辿りついた方で、
    自分の大好きな役者さんより◯◯さんのお芝居の方が好みだったって書いたとしても、それは千雪の個人的な感想ですのでご了承ください。

    それではそういうのも全然平気だよ。って方のみつづきからどうぞ。



    まず、配役ですが、

    一部は
    ジョバンニ→廣瀬智紀くん
    カムパネルラ→八神蓮くん
    車掌→渉くん

    二部な
    ジョバンニ→松田陵さん
    カムパネルラ→唐橋充さん
    車掌さん→渉くんでした。

    あと、アンサンブルのみなさんがいろいろな役をやる訳なんですが。
    まず、銀河鉄道の夜って、すごい久々すぎて、確か夢オチだったよね?とか、
    カムパネルラが死んじゃうんだよね?くらいしか覚えてなかったんです。

    なので、久々にこの作品に触れて、
    「ああー、確かにこういう内容だったかもー。」
    と思い出しながら観てました。


    まず、八神さんてはじめてお芝居観たのですが、
    なるほどー、こういうお芝居するんだーって感じだった。
    なんか、すごい雰囲気纏った芝居するよね。
    私個人的には結構好きです。
    八神さんが窓から外を覗いてる時とか、セリフのない動きがものすごく好きだなあーと。
    お母さん役を演じてる時、ライフいけるな、この人。とか思っちゃった。(笑)
    ↑てか、ライフ行けるなって思った時点で私のツボなんだよね。

    とりあえず何をするにも雰囲気纏ってる役者さんだなあーって印象。


    智紀くんは、足細すぎる!!
    ってのが第一印象(笑)
    すごい細いよー。半ズボンだったからね、余計目立ったの。
    怖いくらい細かった。(笑)
    あと、二部の松田さんと微妙に衣装が違うんだよね。
    智紀くんはサスペンダーつきでした。
    ちなみにトークで言ってたけど、足剃ってたらしいよ(笑)←夢を壊さないように(笑)

    松田さんは初めて観たのですが、
    芝居うま!
    びっくりした!
    そして少年役がものすごくあってる!

    唐橋さんはね、まさか唐橋さんがあんなに子供に作ってくるとは思わなくてびっくりした。
    でも確かにカムパネルラって10歳くらいの子供なんだよね?
    だから、間違ってないんだけど、ちょっとびっくりしたぜ。


    さて、渉くんは、とりあえず衣装がものすごくツボだったー。
    車掌さんは渉くんしか観てないので、比較はできないんですけど。

    あと、渉くんおススめの子役2人が本当に本当にかわいくて!
    もう、悶えるくらいかわいかったです。←注;ショタではありません。

    でもあの可愛らしさはみんなやられるよねえー。


    舞台全体の内容としては、まあ、内容は有名な作品なのでみなさんご存知かと思いますが。
    音と光の演出が秀逸で素晴らしかったです。
    ピアノも生演奏なのね。
    だからなんとも言えない空気感が出てます。

    特に好きなのは、列車が出発する時に、アンサンブルの方たちがハンドライト(懐中電灯をイメージするとわかりやすいかも。)を動かしながら、列車のライトにして、出発するという流れ。
    ここ、素晴らしいよねえ!
    あと、ラストの川の中をカムパネルラを探してる所とか。
    うまいなあーって思いました。

    あ、あと本当のラストの牛乳を渡す所とか。
    本当キレイですよね!

    あと、結構客席通路使った演出も多くて、自分たちもそこに佇むでいるような感覚にしてくれますよね。

    さて、一部ですが、
    一部はね、智紀くんと八神さんのなんともいえないオーラのおかげで、
    友情を通り越して恋愛に見えました(笑)
    いや、もう本当に今に智紀くんにそういう仕事が来るんじゃないかと怯え…いやいや期待します(笑)

    あと、智紀くんのジョバンニはいじめられっこーって感じだよね。
    てか、カムパネルラに対して、恋だよね(笑)
    だって私真面目に、途中、「あれ?これこんな話だったっけ?」って真面目に思ったもん(笑)
    なんていうかカムパネルラに対し憧憬があるというか。
    で、その相手役のカムパネルラも八神さんだから、気持ち受け止めちゃってるよー!みたいな(笑)

    八神さん演じるカムパネルラはちょっとお兄さん。というか、お兄さんであろうとしてる。
    そしてものすごく優等生。
    その優等生って部分に自分で違和感感じてるんじゃないかな?
    って思わせる感じでした。

    白鳥の発掘の現場では、
    八神カムパネルラが、恐竜(化石?)ヲタみたいになっていて、
    学者のセリフを喋ってました。
    そして、そこに
    智「この…アンモナイトみたいのはなに?」
    八「これは…アンモナイトだよ。」←(笑)
    智「じゃあ…この、カタツムリみたいなアンモナイトはなに?」
    八「これは……これもアンモナイトだよ!」←(笑)
    渉「アンモナイトにもいろいろありますからね。」

    みたいな。

    ちなみに鷺のシーンでは
    渉くんが鷺は忍者だったと言われて
    「しゅしゅしゅしゅ!」って手裏剣の真似して、その後「どろん!」って言って上手に捌けていきました(笑)

    智紀くんは、侍って言われて、
    刀を構える格好をしたんですが、
    鳥取りの方に「うん。こういう侍もいるよね。」ってフォローされる(笑)

    八神さんは嫌がってたのですが(笑)やらされて、しかも言われたのが、「殿」で、一瞬固まる。←鷺をやりながら(笑)
    そしたら鳥取りの方が「バカ殿的な方向で。」って言ったら
    「ばさーばさー、バカーバカー」って鷺やってました(笑)

    ちなみに智紀くんはやった後、椅子に倒れてた(笑)

    智紀くんのジョバンニはカムパネルラが好きすぎて、独り占めしたくて仕方ないって感じだったので、子供に嫉妬!2人きりになって本当に嬉しい!
    みたいな、やっぱり恋愛か!みたいな感じなんだけど、
    最後に牛乳を渡すシーンの絵がものすごくキレイだった。
    これはやっぱり雰囲気ある八神さんと智紀くんだったからできた絵だよなーと思いました。


    2部は
    結構子供なカムパネルラを唐橋さんが作ってきてたので、
    本当に幼馴染の大切な関係。
    みたいな感じでした。
    なんていうか、松田さんのジョバンニは本当に純粋な感じなの。
    家の境遇でいろいろ言われてるんだろうけど、
    実際は明るい元気な子、みたいなイメージでした。

    発掘シーンでは、
    唐「あのもこっとしてるのは…。」
    渉「これは恐竜のふんの化石です。」
    松「へー。」
    唐「でも、化石って言ったってもとはうんこだからな!」←単なる子供(笑)
    渉「例えふんでも大切な化石なのです!」
    唐「でも、数百年前はほっかほかだったんだぜ!」
    みたいな感じで延々やられ、最後は渉くん凹む(笑)

    てか、発掘シーンで、渉くん、後ろの発掘してるアンサンブルの方が掘ってるときに、
    シャベル?取ってメガネ持たせたり、発掘道具奪ったりして遊んでました。
    (2部になって余裕がでたのかなあ?)

    ちなみに鷺のシーンでは、鳥取りの方に、オリンピックネタで振られ、
    渉くんは水泳選手で目立った人。って言われ、
    渉「誰?名前、誰?!」
    みたいなことを言って
    鳥「北島選手!」
    渉「気持ちいいー!!」

    ってやってました。
    てか、オリンピック時期、渉くんai-kata公演でオリンピックあまり見れてないんじゃないかなあ、って心配しちゃった(笑)
    ちなみに、松田くんはボクシングで振られ、シャドーボクシングを。
    ただ、終わった後椅子に座ってぶるぶる震えてた(笑)

    唐橋さんは指名された瞬間に
    「ジョバンニ!今のは断わるべきだと思います!」
    と言って(笑)
    ちなみにハンマー投げと言われたのですが、
    ハンマーで釘を打つみたいなことをして
    鳥「そのハンマーじゃないから!」と言われてました。(笑)

    てか、アンサンブルの方たちもみんなをいじるの楽しくなってきてるよね、あれ。
    ちなみに、切符を拝見しに来た時に、渉くんは見て確認してから「結構です。(大丈夫です。)」って言うんだけど、
    2部では、鳥取りの人が切符をだしても見ないで「結構です。(見なくていいです。)」って言ってて、
    鳥「え?あれ?違うでしょ?結構ですの意味が」
    的なニュアンスの事言ってました。
    ちなみに、渉くんがジョバンニの切符を確認した後、再度鳥取りさんの前を通るので、
    鳥取りさん、果敢にもまた切符を見せようとしたのですが、
    またしても見ないままに「結構です。」と断わられてました。(笑)


    今回は終演後、キャストのお見送りがあるのですが、
    その前に5分間くらいトークがあるのですね。
    で、1部は

    ・すごい緊張したーって話。

    ・本が手汗で滑る!っていうのと、練習中は本にハードカバーがされてなくて、やっぱり手汗でボロボロになったって話。

    ・あと、智紀くんが「2人は衣装かっこいいのに、俺は…。」みたいな話から、
    渉「あ!靴下が変わってる!」
    どうも、本番前は無地だったのに、アーガイルチェックに変わってた。
    あと、足剃ったらしいです。(笑)
    プロデューサーさんと話して、夢を壊しちゃいけないよねってことで剃ることになったらしいです。(笑)
    本来は子役の子たちの年齢だからね、ジョバンニとカムパネルラは。って言ってて、
    そうか、本当はそんな小さい子たちが、この物語の主人公なんだーって思うと、
    すごいよね、この2人…と思えて仕方ない、物語の人物とはいえ。

    ・渉くんが衣装どう?みたいのを客席に聞いて、「七変化…七回もしてないけど…。」
    って言ったら、隣で智紀くんが「4回。」って(笑)
    なんか、、、相思相愛ですね(笑)

    ・今回の公演の中で1日2回公演やるの今日の渉くんが初!って話から
    智紀くんが渉くんに内緒話。…なんだけど、マイクでかすかに拾ってて(笑)
    渉「もう、聞こえてるから!自分でいいなよ!」
    ってやりとりがものすごいかわいかった!
    てか、この2人本当に仲いいよねー。で、智紀くんが何を聞いてほしかったかというと、
    2部も来る人どれくらいいるの?って事でした。

    ・あと、最後智紀くんが「ありがとうございました!」って挨拶してからみんなでお礼しようねって
    なってたらしいんだけど、智紀くん自分だけしちゃったらしく、
    最後に、もう一回今度こそやろうよって渉くんに言われてました。
    1部は、渉くんがいくら智紀くんに仕切りなよ!って言ってもぐだぐだ…。
    でも、フリートークっぽくてそれはそれで良かったです。




    2部は、いきなり渉くん仕切りだしたから、お?!と思った(笑)

    なので、2部はよくある一人一言見たいな感じなんだけど、
    唐橋さんが途中で「え?まわすの?!(渉くんが司会やるの?)」
    って言ったら、
    渉「さっきの回フリーでやったらぐだぐだだったんで。(笑)」
    って・・・。まじめだよねー(笑)

    2部はねー、唐橋さん、渉くんの事大好きだな!ってくらい絡んでました(笑)
    ・渉くんが自分の感想の時に、「(客席で)泣いている人もいて…」
    唐「花粉症だよ!」
    渉「今、夏!!」
    とか(笑)

    ・唐橋さんは話すことの8割冗談で2割は嘘らしい(笑)
    渉「真実探さなきゃいけないんですか?」
    唐「おじさんになるとね、こうなるんだよ。」みたいなこと言ってた(笑)
    そしたら、渉くんが「僕ももうすぐおじさんですけど…」みたいなこと言ってたけど、
    25歳はおじさんではないと思う…。

    ・渉「裏話なんですけど、このチームは練習回数が少なくて…」
    唐「え?そういうの言っていいの?!」
    渉「え?その為のトークでしょ!?」
    スタッフOKでたらしく
    唐「あ、そうなの。じゃあ、、、」と言って言わない(笑)
    ちなみに、一部のチームは結構練習やったらしいんですが、
    2部のチームは一回しか練習してないんだって。
    その割にクオリティかなり高いな。

    ・唐橋さんが渉くんの足の長さをうらやましがる(笑)
    客席登場する時に渉くんだけステージに残るところがあるんですが、
    唐橋さんはその時渉くんを見て、「足長えな、こっち(客席)は短い組だなー」と思った、とか(笑)
    ちなみに、この話の途中で松田さんが
    「足の話はもうやめましょう、(僕)ナイーブなんで。」みたいなこと言ってました(笑)

    しかも、お見送りの場所に移動するときも、唐橋さん上手から捌けようとして、
    渉くんがずーっと客席の方を指して「こっち!」って言ってました(笑)
    そして、客席通路でも後ろに向かおうとして渉くんに止められてました。(笑)

    唐橋さん、渉くんのこと大好きだなー(笑)

    あと、渉くんオススメの子役くん2人が本当にかわいい!!!
    もう、子供にするならこういう子がいい!って言いたいくらいかわいい子でした。
    特に1部の終演後、出口で大きい声で「ありがとうございました!」ってずーっと言ってるのね。
    もう、その姿がかわいくてかわいくて…!
    むっちゃときめいた!(笑)


    さて、渉くんの話ですが、
    今回、
    カムパネルラのお父さん役(ベストに首にスカーフ)
    学者(シャツに白衣(腕まくり)にメガネ!)
    車掌(車掌の服(ちょっと学ランちっくな)
    家庭教師(茶系のジャケット。大学生役)
    の4役をやっているのですが、
    何よりも衣装萌え激しいです!
    全部衣装ときめくんですけど!!!!!
    特に学者姿で出てきたとき、椅子に座りながらも倒れるかと思った(笑)

    そしたらね、1部のお見送り学者姿で出てきたよ!

    なぜ!

    メインの役車掌なのに、なぜ!

    乙女の気持ちわかりすぎだ!!(笑)

    ちなみに、2部はお父さん衣装でした。
    やっぱり乙女の気持ち分かってる…(笑)


    もうね、やっぱり昔仕方なく読んだ時と、今回こういう形で内容を見たときって受ける印象って全然違うんだな
    っておもいました。

    また、役者さんの受け取りかたや表現の仕方でも全然違うものになるものね。

    最後のシーンで、(これは1部のトークでわかったことなんだけど。)
    ジョバンニがお母さん(カムパネルラ同役)に牛乳を渡すってシーンがあるんだけど。
    これって、意味的にはお母さんとカムパネルラ役を演じてる人が同じだから
    直接的な意味ともう一つの意味って繋がってるらしいのですが、
    私、最初、あのシーンはジョバンニがカムパネルラにリンゴを渡しているのかな?
    って思いました。

    最後カムパネルラが見えなくなった時、ジョバンニがカムパネルラの隣にあったリンゴを手に取るのね。
    で、そのちょっと前に、カムパネルラが「りんご後で食べます」って言ってるし、
    忘れてしまったリンゴを渡したのかなって。

    もしくは星を渡したのかな?って思ったくらいだった。

    まあ、きっとここはそれぞれで渡したものが違くてもいいのかなと思うけど。

    ちなみに、この流れでいくと、車掌役とお父さん役が一緒なのも、
    時計をカムパネルラに渡すっていう部分で繋がってるのかなって思ったりしました。


    ちなみにね、松田さんがあまりにお芝居うまくてツボで。
    特に最後のトゥインクルスターのアカペラからの「カムパネルラー!!!!」は絶品だった。

    渉くんが2部ではお父さん役の芝居を泣きに変えてきてたから、
    「お!芝居変えてきた?!」って思ったけど、
    もしかしたら、松田さんの力もあるのかなって思ったり。
    お芝居って対相手と作って行くものだしね。

    で、それくらいよかったです。

    なので、何気に私松田ジョバンニ大好きかも知れない。

    あと、朗読劇というものとしては2部チームの方が正しいのかなって気がしました。
    1部チームは途中のト書きみたいな部分が一人称に聞こえるんだけど、
    2部チームは三人称と一人称(自分のセリフ)の使い分け、みたいのがうまい気がしました。
    なので、ものすごく朗読聴いてる感じだった。


    八神さんと松田さんは機会があったら他の作品も観に行きたいなって真面目に思いました。
    他の作品でどんなお芝居見せるのかみてみたい!
    唐橋さんはクリクリ時代から好きだから、いまさら書くことでもなく(笑)
    てか、松田ジョバンニと八神カムパネルラのコンビとかも見てみたいなーとか思っちゃった。


    ちなみに、グッズで、ランダム写真があるのですが(要はくじ引きで誰が当たるかわからないの。)
    とりあえず、5種類渉くんゲットー!!!
    会場で交換の嵐でちょっとおもしろかった(笑)
    しかし、渉くん持ってる人はなかなかいなかったよね;


    ちなみに、今
    八神さん→極上×2 通常×2 カムパネルラ×2
    唐橋さん→極上×1
    大河さん→極上×1 通常×1

    ありますので、気になる方がいましたらどうぞー(笑)




    なんか、もう、まとまり全然なくなっちゃいましたが、
    とりあえず楽しかったです。


    明日は渉くんのイベントだー。
    早く寝よう…。

    拍手

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [592]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]